月別: 2016年1月

食品で花粉症ケアをしましょう2

  • 2016年01月29日

 

こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

時間はかかりますが、花粉症対策としておすすめの食品を挙げていきます。

ケールには、花粉症の初期の段階で作用する物質の生産量を抑える働きがあります。

青野菜を搾った汁を飲料としって摂取するものを総称して「青汁」といいます。

花粉症の時期だけ青汁を飲んでも効果があるといわれていますが、

普段からの継続的な摂取により、さらに予防効果が増すので習慣にしたいものです。

次に黒酢の中のアミノ酸があります。

アミノ酸は細胞を作り出す重要な役割を担っています。

花粉症の辛い症状である目のかゆみや鼻づまりは、花粉症が引き起こす粘膜細胞の炎症です。

細胞再生時に積極的に黒酢を飲む事で良いアミノ酸を補給して、

正常な粘膜、強い粘膜を作り出す事が可能となります。

しその葉に含まれるポリフェノールの一種であるロズマリン酸に、花粉症の症状を抑える効果があります。

しその葉にすると6?10枚くらいになるのですが、生で毎日食べると

なると難しいので、ジュースで摂取することに人気が集まっています。

最後に、湿度を高めに保つことも重要です。

花粉は水分を含むと重さのため飛び散りにくくなります。

鼻やのどの粘膜の炎症を抑えるには、50?55%の湿度が適切と

言われています。花粉症の症状が出ているときは、鼻の中で炎症が

おこって粘膜の機能が低下しているので、炎症を抑えるためには

水分を補ってやることが必要です。

薬に頼らず、花粉症をケアする食べ物とは?1

  • 2016年01月26日

こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

まだ1月なのにくしゃみ。関東は花粉症がすでに到来している模様です。

1月からの花粉は…

ハンノキ 1月初旬?4月初旬

スギ    2月初旬?5月初旬

もうはじまっているので、なんとかしたいですよね。

とはいえ、薬に頼るのは嫌。

そんな時は食品でケアしたいところ。

りんごに多く含まれる水溶性食物繊維ペクチンに、アレルギー症状の原因物質を減らす効果があるといわれています。

即効性はありませんので、少しでもいいから毎日食べることが重要です。

料理に利用したり、すりおろしたりしても成分の働きは変わらないので

いろいろ幅広く活用できるので重宝します。

さらに、花粉症の緩和に効果のあるαリノレン酸、アルファリポ酸(αリポ酸)が多く含まれていているのがブロッコリー。

カリフラワーも同種の野菜なので、同じ効果があります。

つぼみの部分が好まれますが、茎や葉の部分にも栄養がたくさん含まれていて、

栄養成分のビタミンA(カロチン)、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、カリウム、

カルシウム、食物繊維等を含み、ビタミンCはレモンの約2倍含みます

トマトから抽出さらたカロテノイド(主にリコピン)を継続的に摂取することで、花粉症の自覚症状が改善します。

トマトの加工品を花粉症の季節の前後に摂取することで、鼻づまりやくしゃみなどの自覚症状を改善する効果が期待できます。

食品などでむずむずの季節を乗り切りましょう。

 

 

肩こりに効くツボとは

  • 2016年01月25日

こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

今日は、肩こり解消のツボをご紹介します。

無意識に肩をさすったり、もんだりするのは今日で終わりにしましょう。

「なんとなくマッサージ」ではなく、ツボを狙って効果的に肩こりケアするのです。

むやみやたら力をこめるのではなく、効果的にツボ刺激しましょう。

指圧のコツもお伝えします。

肩こりのツボと言えば、一番有名なのがこの2つのツボではないでしょうか?

5?6kgもあると言われる頭を支えるために、首から肩にかけての筋肉には大きな負担がかかっています。

まずは頭と首の境目の、このツボから始めましょう。

場所:

天柱は、頭のうしろの髪のはえぎわ、2本の太い筋肉の両外側にあります。

風池は、天柱の指1本分くらい外側で、頭がい骨のふちに沿った少し上にあります。

おすすめの指圧方法:

? 軽く首をまわして、筋肉の緊張をとく。

? 頭を両手ではさんで、親指を天柱に当て、力が頭の中心に向かうように押す。

約3秒押して、約3秒休むを2?3回繰り返します。”

★押しながら首をゆっくり上下に動かすと、力をこめなくても気持ちよく指圧できます。

? 親指を少し外側にずらし、風池を同様にゆっくり指圧します。

 

また、酸素カプセルや足もみ、磁気治療で血行改善もおすすめです!

喉が痛い時に効く食べ物

  • 2016年01月23日

こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

空気が乾燥するこの季節は、鼻や喉がカラカラになって、イガイラして来ますよね。

風邪のような、風邪じゃないような・・・そんな時は、肺が関係していることもあり、肌も乾燥することが多いそうです。

まずすぐに試してほしいことはは白湯と加湿器。

これだけでも十分に効果があります。

またうがいもとても大切です。

うがいは風邪予防となるだけでなく、のどが痛いときにも効果的です。

うがいは水を使うのよりもぬるま湯がお勧めです。また、市販のうがい薬を使うのも良いのですが、

身近なもので緑茶、ラズベリー茶、セージ、塩水もお勧めです。

次に、身体を休めるのはとても効果的です。

特に風邪を引いたとき、菌と闘うためには体力が必要です。

私達の身体は日々周りの菌などと闘っているのですが、疲労がたまると、身体がその菌に対応できなくなり、

風邪を引きやすくなったり、具合が悪くなってしまうのです。病気と闘うためにも、しっかりと身体を休めるようにしましょう。

はちみつには高い抗炎症効果があります。お茶やお湯等の飲み物に入れたりするだけでなく、そのまま舐めてもOKです。

有名なものでは、大根はちみつがあります。大根を適量1cm程度の小さな角切りにし、

そこに大根にまんべんなくいきわたるくらいのはちみつをかけてあげ密封容器に入れ、

冷蔵庫で3時間ほど置きます。急いでいない方は、一晩くらい置いても良いでしょう。

そうすると、汁が出てきますので、それを飲みます。容器を開けたときにとても大根くさいと感じるでしょうが、

味は全くといっていいほど大根の味がしませんので、是非試してみてくださいね。

あと、はちみつとしょうがの絞り汁をそれぞれスプーン一杯ほどマグカップに入れ、そこにお湯を注いで薄めたものを飲むのもお勧めです。

にんにくには強い抗炎症効果、殺菌効果があります。そこで、にんにくが平気な人は、

生のにんにくを一粒、皮をむいて半分にしてあげ、両ほほに入れてのどあめのように舐めるという方法があります。

ちょっとこの方法に抵抗がある方は、にんにくをすりおろして、ガーゼ等に入れて絞り、そこからでたエキスをぬるま湯等で薄め、

うがいをしてたり、ガーゼ等にそのエキスを吸い込ませ、炎症を起こしている部分に直接ぬったりするのも効果的です。

特に風邪のときに、ちょっとのどの痛みを感じたら、上述の方法を試すだけでも、かなり効き目があり、

風邪を本格的に引く前に治ってしまったりもします。喉はとても大切です。今喉が痛くなくても、痛くなってしまう前に、毎日ケアしてあげましょうね!

皆さんも風邪などひかないようにしましょう!

酸素カプセルや足もみ、磁気治療器で血行改善し体温を上げ免疫力をUPもおすすめです!

 

便秘を改善する白湯の飲み方


こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

お手軽な健康法として人気の「白湯」。

白湯は、伝統的なインドの民間療法アーユルヴェーダの一つであり、全身の毒素を取り除き、

身体のバランスを整える効果があるといわれています。

便秘解消としても有名です。

白湯は全身の毒素を浄化し、腸の働きを整えスムーズなお通じに役立つ飲み物と言われています。

食事中や食間(食後の約2時間後)などに、1日カップ4杯くらいを目安に飲むと頑固な便秘が改善するのだとか。

・クミン

カレーには欠かせないスパイスであり、体脂肪や悪玉コレステロール、

中性脂肪を減らす働きがあることが発表され話題のクミン。中医学でも胃の働きを整える生薬として用いられています。

・ジンジャーパウダー

生姜を加熱乾燥して作られたジンジャーパウダーは、胃腸の血流を高めて身体を温める働きがあります。

冷房による冷えが気になる方は、積極的に摂りましょう!

・コリアンダー

一般的にはパクチーと呼ばれています。コリアンダーには、胃の働きを整える働きがあるほか、

腸内に溜まったガスを排出させる働きもあり、ガスが溜まって便秘がちな方におすすめです。

・岩塩+レモン

コロコロとした乾燥した便になってしまう便秘の方には、

岩塩とレモン汁をチョイ足しするのが効果的なんだとか。

また、レモンの香り成分「リモネン」には、気持ちをリラックスさせる働きがあります。

腸の働きは副交感神経が司っていますから、リラックスすることも腸を活性化させるためには大切なのです。

白湯は水道水でも構いませんが、沸騰させることで濃度が高まってしまう薬品もあるそうです。

できればミネラルウォーターで作る方がおすすめです。なかなか便秘が解消されない…とお悩みの方、チャレンジしてみてはいかがでしょうか

 

また、酸素カプセルや足もみ、交流磁気治療も副交感神経が優位になるので便秘を改善におすすめです!

健康で開運になれる風水とは


こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

中国伝来の鍼治療とともに風水も健康維持には欠かせません。

年初めということもあり今回は、風水の家相についてお話します。

今年は自分の“ベース”を豊かにすることで、幸せを得る年。家で過ごす時間が運に大きく影響する年ですから、

居心地のいいリラックスできる空間を作ることがとても大切です」といわれています。

ナチュラル系やアジアンテイストなどのテーマを決めたり、色をまとめたりすることで、統一感のある居心地のいい空間をつくりましょう。

今年は、土壌にさまざまなものを吸収する『土』の年。ためる運気が強いので、収納スペースの状態が、運を左右しますん。

「クローゼットもたんすも、不要なものは処分し、使い勝手よく整理すること」。

また、悪い気をためてしまう湿気やニオイも厳禁。湿気を取るグッズなどを上手に使い、収納スペースの気を清浄に保つことを心がけましょう。

またクローゼットも大切です。衣類の収納が、出会いや人間関係の運に影響します。

プラスチック製の収納グッズは運気を下げるので、木製やクラフトなど天然素材のものにしておくといいでしょう。

難しい場合は、しまうものを布で包んで。ただし、下着だけは天然素材の収納ケースに入れましょう。

クローゼット内は、向かって左側にコートなど厚手のものやダークカラーのもの、右側に薄手の生地やライトカラーの服を。

バッグなどは足下におかず、必ずフックなどで上に置くようにしましょう。

金運を大きく左右するのがキッチンです。『水』と『火』の両方が存在するので、両者が交じり合わないようにするのが最大の秘訣です。

例えば、水の気を持つ、冷やす道具「冷蔵庫」の上に、火の気を持つオーブンレンジを置かないことが大切です。

『火』の気を持つ食品を『水』の気が強い場所に置くと、食べ物の持つ生命力がダウンしますから、食品はガス台の下に、

シンクの下には調理用具やミネラルウオーターを置きましょう。シンク周りに花を1輪飾ると運気アップ!

 

また,酸素カプセル、交流磁気治療器や足もみも健康維持やリラックスのお手伝いが出来ます是非お試し下さい。

 

 

ぽっこりお腹を解消するストレッチ


こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

背中は自分では見えないだけに意識しにくい部位ではありますが、

背中のお肉に下着がくい込んでいるのは、ちょっと見苦しいものがありますよね。

また、背中のお肉で実年齢よりも老けて見られてしまうことも…。

背筋を鍛えることで、後姿を美しくする効果も得られますが、実はそれだけではありません。

背筋は上体を支える筋肉なので、美しい姿勢を作るためには重要な筋肉です。

背筋の衰えが猫背を招き、さらにぽっこりお腹を作ってしまいます。

背筋を鍛えることで、猫背の改善、ぽっこりお腹の解消効果が期待できます。

パソコンに向かっていると、いつの間にか猫背になっている…という人は多いと思いますが、

猫背や悪い姿勢をしていると、ぽっこりお腹の原因になってしまいます。

背中を丸めてみてください。お腹の筋肉はたるんでいますよね。

お腹のお肉で横シワができてしまっている人もいるのでは…。

背中を丸めていると、腹筋が使われにくいのでお腹に脂肪がつきやすくなってしまいます。

また、猫背は内臓の働きを悪くするなど、体への悪影響も大きいようです。

背筋を鍛えることで正しい姿勢が保ちやすくなり、気になるお腹のシワやぽっこりお腹の改善につながるのです。

ここで紹介する背筋トレーニングは一人でできますし、初心者でも負担が少ないトレーニング方法だと思います。

■うつぶせになり、両手両足をのばしましょう。

Point

手の幅・足の幅は少し広めにとりましょう。(肩幅より広くしましょう)

息を吐きながら対角線上にある手と足を同時に持ち上げ、3秒キープします。

(右手と左足、または左手と右足)

■息をはきながら、対角線状にある手と足を同時に持ち上げます。

3秒間キープします。

Point

反動を使わずにゆっくりと行いましょう。

背筋を使って持ち上げるように意識することが大切です。

手足を高く上げるほど負荷が大きくなりますが、慣れるまでは無理しないようにして行いましょう。

息を吸いながら、持ち上げた手足をゆっくりと下ろします。

3    反対の手足でも同様に行いましょう。

これなら毎日続けられるのではないでしょうか。

がんばりましょう。

 

また、酸素カプセルや交流磁気治療器で血流を良くして代謝UPもおすすめです!

過敏性大腸症候群に効くツボとは


こんにちは、盛岡創健センターの吉田です。

今回も風邪についてのお話です。

「風邪は百病のはじめなり」と東洋医学では言います。

いわば風邪(かぜ)は万病の元というわけです。それだけに風邪を予防したいものです。

東洋医学では、風邪を風(ふう)の邪(じゃ)と捉え、身体を犯す原因とみなします。

身体のバリア機能が低下すると、「風の邪」は容易にバリアを通過して体内に侵入します。

そうなると様々な症状を引き起こしますが、その代表が感冒、いわゆる風邪です。

一方、体表のバリア機能を司っているのが、体表をめぐる衛気(えき)です。

衛気は、身体を衛(まも)る陽気のことで、様々な外邪から身体を防御する働きをしています。この衛気の巡りをよくするツボが「大椎」です。

「大椎」は、第7頸椎(けいつい)と第1胸椎の棘突起(きょくとっき)の間にあります。

首を前に曲げると首と背中の付け根に飛び出る椎骨があります。

それが第7頸椎の棘突起です。「大椎」の「大」は文字どおり大きいという意、

「椎」は椎骨の意、つまり大椎は大きな椎骨のことで、第7頸椎を指します。

大椎は、手足の陽経(ようけい)が交わることから体表の機能を高める効果があるとされています。

したがって、風邪(かぜ)から体を守るには体表を流れる衛気が充実していることが大切で、

それには「大椎」のお灸が効果的です。風邪を引きやすい方、あるいは風邪のひきがけで寒気がするような場合、

「大椎」の温灸をお勧めします。3壮(一度にすえるお灸の回数)程度がよいでしょう。

ドライヤーで温めてもよいのです。なお、発熱状態の場合には、医師に診てもらってください。

 

酸素カプセルや磁気治療、足もみで血行改善し免疫力UPもおすすめです。

精神的なストレスをゆるめたい時の色選び


こんにちは、盛岡創健センターの吉田のです。

私たちはストレス社会の中、生活をしています。

そこで、今回は気持ちをリラックスできる色などをご紹介します。

まず、精神的なストレスをゆるめたい時には、ブルーのお部屋アイテムでセラピー

効果を高めましょう。

クールダウンしたいときは、ブルーの部屋着やぬいぐるみがおすすめ。心がつかれたときは、

ブルーが効果的です。

また気持ちをリセットしたいなら、赤、黒、白がよいでしょう。

リセットパワーを高める赤いハーブティーなどでもいいです。

ハイビスカスなどの赤いハーブティーは、行動と気持ちに勢いをつけます。

気持ちを切り替えたいときは、リセットするホワイトとブラックを効果的に使いましょう。

みずみずしい若さを保ちたい時には、ピンク色を取り入れましょう。

キラキラと高級感のある小物で差をつけるだけで、若々しい印象へと変えてくれます。

若さを保には、ピンクを使うのがイチバンといわれています。

これは女性ホルモンに働きかけて、潤いとハリのある肌へと整えるからです。

リップをピンク色にするだけでも効果的です。

 

また、酸素カプセルや磁気治療も精神的なストレス発散のかがあります。

肩こり解消のツボとは


また、酸素カプセル、交流磁気治療や足もみで血行改善も良いかもしれません

トップ